« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

お花見日和。

週末(日曜日)は暖かかったですね~。
まさにお花見日和でしたcherryblossom
隅田公園でもたくさんの人がお花見していましたbeer
まだ桜は咲き始めですけどね…。
我が家は久しぶりに、ららぽーと豊洲へお出かけしてきました。
イベントがあってドッグランは半分だけでしたが、思いっきり走ってきましたよーdash
Photo ぐぅです。
たくさんお友達がいて楽しいですよ~happy01

Photo_2 ぷぅだよ。
たくさんわんこがいて不安ですdown
早く帰りましょうー。

Photo_3 ガハガハぐぅ。

Photo_4 ぷぅは相変わらず追いかけられてばかり…coldsweats01
舌がフリルになってます~。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
ぽちっと押してくださいな。

ぐぅぼんこのぐぅたら日記

かなりひやっとしたお話です。

ららぽーとへ出発する時、マンションの前の道路に車rvcarを停めていたんです。

ぐぅぷぅを乗せるために車をちょっと前に出そうと、旦那が車に向かったとたんに

ぐぅが置いていかれると思ったのか、旦那に向かっていこうとしたんです。

私がリードを持っていたのですが、あまりの引っ張りに首輪(チョークタイプ)がすぽっと抜けてしまったんですsweat01

ぐぅはいちもくさんに道路に飛び出し旦那のところへ。後ろからは車が来ていました。

あの車がもう少し早く来ていたらと考えると、とても恐ろしいです…。ほんとに怖かった。

首輪ではなくて胴輪にしようと思っています。

| | コメント (12)
|

パグの遊び

他のお家のわんこって普段何して遊んでいるのかしらsign02と思うことがあります。
ドッグランとかに行くと走ってはいるけれども、家の中だとどうなんでしょう。
うちのぐぅは小さい頃から、おもちゃには興味がないらしく、いろいろ買ってみたものの何一つ遊ぼうとしませんでしたcoldsweats01
唯一食いついたのが、ドレッシングの蓋ぐらいでしょうか…。転がして遊んでいました。
ぷぅはおもちゃには始めこそ一生懸命遊んでいるのですが、飽きるのが早いです…。
なので結局ケージから出しても、人の膝の上に乗っかってくるぐらいなのです。
しかもすぐに寝てしまいますsleepy
昼間は私しかいないので、膝とり合戦が始まりますimpact
だいたいバトルを制するのはぷぅなのですが、たまにぐぅもがんばります。
Photo ぐぅです。
このソファーの上でも寝ますsleepy

Photo_2 ぷぅだよ。
眠いです…。

朝のお見送りが終わると(最近はまだ玄関にいるのに…)一目散にリビングに来て、眠いぞアピールをしますcoldsweats01

Photo_3 りんごappleください。後ろにはいたずらされているぷぅ。

Photo_4 ぷぅにまたまたいたずらbleah
フードが届いたのでダンボールに入ってもらいました。固まった…。
ぐぅは自ら脱出しましたrun

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
ぽちっと押してくださいな。

| | コメント (8)
|

ひな祭り

昨日はひな祭りでしたね~cherryblossom
我が家の近くの公園でも梅祭りが始まり、春が近づいてきてます。
ひな祭りとは全く関係のないお話です。
先週ぷぅが私のひざの上でうとうととしておりました。
すると、テレビからぷぅの気に入らない音が聞こえたみたいで
急にひざの上から飛び出したところ、こたつの角(尖ってはないのですけどね)にあごをぶつけました…coldsweats02
飛び出した勢いは一気にdown。テンションdown。気持ちブルーな顔してました。
あごには小さなたんこぶをこしらえましたとさー。
な~にやってんだかgawk
Photo ぐぅです。
ひな祭りってなんですか?

Photo_2 ぷぅだよ。
舌が出すぎだって?

Photo_3 パグの横顔っておもしろいですねhappy02
平らだー。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
ぽちっと押してくださいな。


ぐぅぼんこのぐぅたら日記

先週札幌へ帰りました。また帰ったのって?

今回は私の母の三回忌で帰ったのです。

高校卒業してから私は一人暮らしを始めたため長い間

離れて暮らしていました。

結婚して札幌に転勤になった頃、母の以前からの病気が

悪化し、一緒に住むことにしました。

そんな時に我が家にぐぅが来ました。

犬が好きとは聞いたことがなかったのですが、ぐぅを

たいそうかわいがってました。(ぷぅは4日間しか一緒じゃなかったの)

ぐぅもいつも母のところへ行き、撫でて~とアピールしたり

りんごappleをもらったり…。毎日の会話はぐぅの事がほとんどでした。

母にとってぐぅの存在は生きる力の一端になったのは間違いありません。

まぁ本人が一番頑張ってくれたのですけどね。

余命一年と言われておりましたが、ほぼ二年楽しく暮らせました。

母の分までぐぅぷぅには健康で長生きして欲しいと願った私でした。

多分母もそう思っている(勝手な解釈sweat02)はずですーsmile

Photo_4

| | コメント (5)
|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »